皮膚科系のお悩み - 名古屋市中村区の漢方専門 高岡薬局

皮膚科系のお悩み

Dermatology

アトピー、蕁麻疹、にきび、乾燥肌、かゆみなど。
皮膚は「内臓の鏡」と言われるように、肝臓、胃腸などの状態や、自律神経やホルモンの働きにも影響を受けます。
慢性的な皮膚の症状を治すには、外用薬だけでは難しく全身の状態を見ながら体全体を治すことが大切です。

アトピー

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質の人や、皮膚の保護機能が弱い人、最近の考え方では腸内の細菌バランスが悪い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

漢方では、「内に病あれば、外に現れる」と言い、アトピーは精神的ストレスや体質が大きく関係していると考えます。他の皮膚トラブルと同様に、皮膚患部の症状だけでなく、心と身体のバランスを整えることが大切です。

まずは自分の皮膚のタイプを知り、生活や食習慣を見直すことから始めましょう。

蕁麻疹(じんましん)

西洋医学では抗アレルギー剤やステロイド剤による治療を行いますが、再発再燃を繰り返し同じ薬を長期にわたり服用している例が多くあります。 急性のじんましんは疲労・睡眠不足・飲酒・食生活の不摂生などで体調が悪い状況で発症し、多くの場合体内の湿と熱が関係しています。慢性・反復性の場合は体質の虚弱により邪が深く侵入して発症し長期化します。

原因として、長期による食生活の不摂生により胃腸に熱がたまり発症したり、気や血の不足、血の滞り、体の冷えによる場合があります。

ニキビ

中医学からみるニキビは例外を除いて体内にこもった熱が原因。

色は白・赤・黄・紫の4つに分けられ、発生する場所ではTゾーン・額は肺経の熱など、目の下・口の周り・フェイスラインでは胃腸の熱毒、こめかみ・生え際ではストレスによる肝の働きの乱れ、あご、首、鼻の下では生殖系を司る腎の不調や血熱によるもの、背中や胸は卵巣のトラブルを疑い処方薬を選択します。また、大人ニキビは内臓トラブルのほかホルモン、月経周期とも深いかかわりがあるため、月経周期に合わせた対策も必要です。

もちろん体質に合った生活習慣、食生活を見直す事も重要です。

その他の症状でお悩みの方

漢方薬は様々な症状に使用できます。
以下はよくあるお悩みの一例です。

  • 婦人科系のお悩み

    更年期障害、生理痛、月経前症候群、不妊 子宝相談、妊娠中や出産後のお悩みなど

  • 皮膚科系のお悩み

    アトピー、蕁麻疹、にきび、乾燥肌、かゆみなど

  • 消化器系のお悩み

    下痢、便秘、食欲不振、逆流性食道炎、過敏性腸炎など

  • その他のお悩み

    頭痛、ドライアイ、慢性疲労、肩こり、精神疾患、不眠、呼吸器疾患、冷え、ほてり、耳鳴、ガン、蓄膿症、小児疾患、男性更年期、男性不妊など

愛知県名古屋市中村区中島町3丁目21

営業時間
平日
10:00~18:30
土曜日
10:30~18:30
定休日
木曜日・日曜日・祝日・第4土曜日

完全予約制 <相談無料>

オンライン漢方相談

お悩みの症状をお聞かせください
健康で笑顔になれるようお手伝いさせていただきます