名古屋市中村区の高岡薬局では、しっかりとカウンセリングを行い、体質や原因を見つけ出し、ひとり一人に合った漢方を処方しております。

top_mail.jpgtop_phone.jpg

症状別漢方

高岡薬局の漢方プログラム

高岡薬局の漢方相談では、症状だけを見て漢方薬をお出ししている訳ではありません。お客様からしっかりとカウンセリングを行い、お客様ごとに違う体質や、原因を見つけ出し、ひとり一人に合った漢方を処方しております。

たとえば、代表的な生活習慣病のひとつである、高血圧症の場合でも、胃腸が丈夫か弱いかでは処方する薬が全く違ってきます。さらに、肩こり、便秘、頭痛の有無、いつごろからなのか、年齢、性別・・・・など様々な症状や体質によって、薬は変わってきます。

だからこそ、ご自分に合った漢方が大切となります。

高岡薬局の漢方プログラムでは、まず、無料漢方相談を受け付けております。まずは、漢方の知識と、ご自分の体質を知ることから始めましょう。

症状別漢方アドバイス

ここでは、よくご質問いただく症状と原因について、高岡薬局がお勧めしている漢方をご紹介いたします。 ※あくまでも、一般的なアドバイス内容となります。
お客様に最適な漢方は、無料漢方相談にて体質・原因を判断した後にお出しいたします。

風邪

漢方では「風邪にかかったらまずは体を温めて治癒を早める」ことを目的として、治療を進めていきます。そこが「症状をとって治療をしていく」という西洋医学と違う点です。ただ、そのために必要となる漢方薬は、その人の病気に対する抵抗力の程度(虚証か実証か)や、ひき始め、あるいは治りかけなど風邪の時期によっても変わってきます。また、風邪の場合は「熱証・寒証」という状態も重視します。ぞくぞくとした悪寒を感じる場合が「寒性の風邪」であり、悪寒を伴わない場合が「熱性の風邪」です。

風邪に効く漢方

併発しやすい症状

・冷えやのぼせがある、あざができやすい
・手足がむくみやすい、手足の冷えがある

風邪の際によく使われるパッケージ漢方

風邪というのは、かかっている時期で症状がどんどん変わっていきますので、症状に応じて次々と処方を変えていきます。
◎葛根湯(かっこんとう)
◎麻黄湯(まおうとう)
◎麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

※注意 上記で紹介している漢方薬は、1つの目安です。詳しくは、高岡薬局までお気軽にご相談ください。

漢方相談の流れをみる

頭痛

慢性的な頭痛では、鎮痛薬を飲んでその場をしのぐことが多いようですが、常用することに対して心配する人も少なくありません。そのような場合、頭痛の特徴 やその人の体質に合った漢方薬を利用することによって、鎮痛薬の量を減らせたり、鎮痛薬を飲まないでもすむようになったりします。
頭痛は、『偏頭痛』『緊張性頭痛』『群発性頭痛』の3つのタイプに分けられます。

併発しやすい症状

・冷えやのぼせがある、あざができやすい
・手足がむくみやすい、手足の冷えがある

頭痛の際によく使われるパッケージ漢方

偏頭痛には・・・
◎呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
緊張性頭痛には・・・
◎葛根湯(かっこんとう)
群発性頭痛には、漢方薬を使用することはあまりありません。

※注意 上記で紹介している漢方薬は、1つの目安です。詳しくは、高岡薬局までお気軽にご相談ください。

漢方相談の流れを見る

肩コリ

漢方では患者さんの自覚症状の改善を重要視するという特徴があるため、肩こりの改善が期待できる漢方薬はたくさんあります。大きく分けると、症状が出ているときに一時的に使うものと、体質改善のために少し長めに飲むものとがあります。
肩こりの場合、 肩の周辺の血流障害や精神的なストレスが原因で起こることが多いので、 血液循環をよくする漢方薬、緊張を和らげる漢方薬などを服用していきます。

肩コリに効く漢方

併発しやすい症状

・冷えやのぼせがある、あざができやすい
・手足がむくみやすい、手足の冷えがある

肩コリの改善によく使われるパッケージ漢方

症状を改善する漢方薬
◎越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
体質・原因を改善する漢方薬
◎大柴胡湯(だいさいことう)
◎桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

※注意 上記で紹介している漢方薬は、1つの目安です。詳しくは、高岡薬局までお気軽にご相談ください。

漢方相談の流れ