名古屋市中村区の高岡薬局では、しっかりとカウンセリングを行い、体質や原因を見つけ出し、ひとり一人に合った漢方を処方しております。

top_mail.jpgtop_phone.jpg

症状別漢方

症状別漢方アドバイス

ここでは、よくご質問いただく症状と原因について、高岡薬局がお勧めしている漢方をご紹介いたします。 ※あくまでも、一般的なアドバイス内容となります。
お客様に最適な漢方は、無料漢方相談にて体質・原因を判断した後にお出しいたします。

下痢

東洋医学においては、『気(生命エネルギー)・血(血液)・水(体液)』が生命活動の基本です。
便秘は、『気』の異常・『血』の異常・『水』の不足などによって起こると考えられています。
この場合漢方薬は、便秘以外の症状がない場合は、症状があるときだけ一時的に使う(頓服)ことが多く、便秘以外の症状を伴うときは、体質改善を行いつつ、お通じの状態を整えるという使い方をしていきます。

便秘に効く漢方

併発しやすい症状

・冷えやのぼせがある、あざができやすい
・手足がむくみやすい、手足の冷えがある

便秘の際によく使われるパッケージ漢方

大黄や麻子仁といった下剤作用が含まれる生薬により、お通じをよくします。
◎大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)
◎桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

※注意 上記で紹介している漢方薬は、1つの目安です。詳しくは、高岡薬局までお気軽にご相談ください。

漢方相談の流れをみる

アトピー・じんましん

アトピー性皮膚炎のような免疫バランスの乱れから生じる病気は、免疫を調整する薬を用いて、症状の改善を図ります。漢方薬の服用を続けることで、アレルギー体質が改善されたと同時に、かぜを引きにくくなったといった例もよく見受けられます。もちろん、免疫のバランスを崩している根本的な原因は人それぞれですので、まずはその人の免疫バランスを崩す原因を調べ、それを改善する漢方薬を処方いたします。

併発しやすい症状

・冷えやのぼせがある、あざができやすい
・手足がむくみやすい、手足の冷えがある

アトピー・じんましんの際によく使われるパッケージ漢方

説明が入ります。
◎小柴胡湯(しょうさいことう)
◎柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

※注意 上記で紹介している漢方薬は、1つの目安です。詳しくは、高岡薬局までお気軽にご相談ください。

漢方相談の流れを見る

月経痛・月経困難症

月経痛や月経困難症は、主に「血」、つまり血液や血液循環の異常で起こるととらえています。血の異常には、血行が滞って血行不良になる「お血」と、血液が 不足した「血虚(けっきょ)」があります。そこで、お血を解消する駆お血剤や、血虚を解消する漢方薬を用いて、血の異常を治し、月経痛を和らげていきま す。器質性月経困難症の場合は、原因になっている病気の治療と並行して漢方治療をしていくこともあります。
月経痛、月経困難症における漢方治療の目的は、お血をとることにありますから、1剤で痛みだけでなく、お血によってもたらされるさまざまな不快症状、不調も一緒に解消されることも少なくありません。これが西洋薬と大きく違う点といえるでしょう。

月経痛・月経困難症に効く漢方

併発しやすい症状

・冷えやのぼせがある、あざができやすい
・手足がむくみやすい、手足の冷えがある

月経痛・月経困難症の改善によく使われるパッケージ漢方

体格がよく、病気に対する抵抗力が強い「実証」タイプの人
◎桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
細く色白、病気に対する抵抗力が強くない「虚証」タイプの人
◎当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

※注意 上記で紹介している漢方薬は、1つの目安です。詳しくは、高岡薬局までお気軽にご相談ください。

漢方相談の流れ